GHICセンタープロジェクト

グローバルヘルスイノベーション&コミュニケーション(GHIC)センタープロジェクト

日本は超高齢化社会を迎え、健康医療システムの新しいイノベーションを必要としています。
GHICセンター構想は、健康満足度は高く、社会負担は低い、次世代健康医療システムを構築するために、医学人文学融合領域において開発型医療研究を展開するAIバイオインテリジェントコミュニティー構想です。 新しい健康医療システムの構築は、COVID-19時代の到来によって、喫緊の課題となりました。 GHICセンター構想は、「健康・医療・防災」をキーワードとして進めてまいります。

勉強会の開催

第6回GHIC勉強会(予定)

当日のプログラムはこちらです。
日時:
2021年4月22日(木) 18:30~20:15
場所:
帝国ホテル東京 本館3階 雅の間
演者:
山本 雄士 先生
(株式会社 ミナケア 代表取締役社長(医師・産業医))
演者:
山中 燁子 先生
((財)グローバルヘルスケア財団顧問、ケンブリッジ大学中央アジア研究所上席外交フェロー)

第5回GHIC勉強会

当日のプログラムはこちらです。
日時:
2021年2月25日(木) 18:30~20:00
場所:
帝国ホテル東京 本館3階 雅の間
演者:
渋谷 健司 先生
(ロンドン大学キングスカレッジ教授、東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室客員教授、世界保健機関(WHO)シニア・サイエンティスト)
演者:
林 衆治 先生
(医療法人財団檜扇会 理事長、元名古屋大学大学院医学系研究科教授、一般財団法人グローバルヘルスケア財団 理事長)

第4回GHIC勉強会

当日のプログラムはこちらです。
日時:
2020年11月26日(木) 18:30~20:00
場所:
帝国ホテル東京 本館3階 雅の間
演者:
宮田 俊男 先生
((財)グローバルヘルスケア財団理事、大阪大学医学部招聘教授)
演題:
コロナ禍におけるオンライン診療の実際と今後の展開(スーパーシティ構想も含めて)
演者:
三宅 養三 先生
((財)グローバルヘルスケア財団評議員、公益社団法人NEXT VISION 代表理事)
演題:
遺伝性網膜疾患の回顧、現状、展望

第3回GHIC勉強会

当日のプログラムはこちらです。
日時:
2020年9月24日(木) 18:30~20:00
場所:
帝国ホテル東京 本館3階 雅の間
演者:
幸田 正孝 先生
(一般財団法人 グローバルヘルスケア財団 評議員、一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会 顧問)
演題:
日本の医療保険と医療経済
演者:
藤原 康弘 先生(独立行政法人医薬品医療機器総合機構理事長)
演題:
グローバルヘルスケア時代の未来像~GHIC構想の具現化に関する考察~

第2回GHIC勉強会

当日のプログラムはこちらです。
日時:
2020年7月16日(木) 18:30~20:00
場所:
帝国ホテル東京 本館3階 雅の間
来賓:
山本泰人(東京都中央区長)
演者:
近藤 達也 先生(Medical Excellence JAPAN 理事長)
演題:
4次元の医療改革
演者:
中釜 斉 先生(国立研究開発法人 国立がん研究センター 理事長)
演題:
健康長寿社会とがん医療

第1回GHIC勉強会 ~東京Global Healthプラチナシティを考える~

当日のプログラムはこちらです。
日時:
2020年1月30日(木) 18:30~20:00
場所:
帝国ホテル東京 本館5階 A会議室
演者:
小宮山 宏 先生(三菱総合研究所 理事長)
演題:
プラチナ社会実現へのイノベーション ~課題解決先進国・日本へ~
演者:
堀田 知光 先生(国立研究開発法人 国立がん研究センター 名誉総長)
演題:
GHIC概要について

Global Health Innovation and Communication (GHIC) Center

~The hub for providing social benefits through new healthcare innovations in Japan~

Japan is one of the most rapidly ageing society and requires new innovations within the healthcare system. While we have outstanding capacity for the healthcare technological developments, the improvement of international competitiveness of clinical trials and studies and the development of the new healthcare technologies have become more vital in recent years. We expect our new technologies to promote the life expectancy and the quality of life of people in Japan and will be expanding our innovation to abroad in future. However, this would come at the expense of a sharp increase in healthcare expenditure.

We, The Foundation for Global Health Care, are going to establish the nextgeneration healthcare creation hub. We believe in supporting and enabling people to live their lives in society at their optimum health. Our “ Global Health Innovation Center” will act as a hub to contribute to the development of global healthcare through medicotechnological innovations.

The center is an integration of many innovative services linked by artificial brain intelligence (ABI). It consists of hospitals specializing in development of clinical trials and studies, the postgraduate research institute’s laboratory, the facilities for the elderly utilizing advanced healthcare technologies, the healthcare clinics, the residential services and the other commercial services. We believe that GHIC’s cutting-edge healthcare system and the technologies will contribute to improving the health of people in the world.

The share of global healthcare market is currently estimated at 778 trillion yen, and the domestic healthcare at 45 trillion yen. By 2022, this is expected to grow to 1,278 trillion yen and 70 trillion yen respectively.

GHIC will be located in the national strategy zone of Tokyo area readily accessible to Haneda Airport and many other public transports. This enables patients and the oversea companies to have convenient access to the facility. It will also strengthen its functions by establishing National Science Department (GHNSC) and Communication Department (GHCC). The “Bio Intelligent Community” will promote wide-range of international cooperation with Asian and European countries with a view to overseas development.

GHIC ultimately aims to contribute to the social development and prosperity.